奈良特産品振興協会

MENU

HOME  >   特産品のご紹介  >   いちご

特産品のご紹介INTRODUCTION OF NARA SPECIALTY PRODUCTS

奈良特産品いちご

近畿一の生産量を誇る奈良のいちご 「あすかルビー」は、ひときわジューシー。

奈良が誇るいちごの品種「あすかルビー」は「アスカウェイブ」と「女峰」を交配して奈良県農業試験場で育成されたイチゴです。2000年(平成12年)に品種登録されました。
色と光沢が「まるで宝石のよう(ルビー)」で、さらに「奈良らしさ(あすか)」を加えてネーミングされました。 冬期にビニールハウスを利用した栽培を行っています。

いちご

赤い宝石「あすかルビー」

すっかりおなじみとなった、奈良の赤い宝石「あすかルビー」。このネーミングは色と光沢が「まるで宝石のよう」で、さらに「奈良らしさ」を加えてつけられました。関西エリアを中心に流通し、かつては関東エリアではなかなか手に入りにくかったため「幻の赤い宝石」と呼ばれていました。今でも、赤い宝石に変わりはなく、赤く大きな果実に適度なすっぱさと甘くジューシーな味わいは多くの人に愛されています。

 

「あすかルビー」は、平成4年に県農業試験場が「アスカウエイブ」に「女峰」を交配して得られた約3000の実生個体の中から、平成5年から6年に系統選抜、平成6年~7年に特性及び生産力検定試験を行うとともに、現地適応試験を行っており、平成10年度より「あすかルビー」としてその名を披露しました。果実が大きく、玉ぞろえがよいのが特徴。食味は良好で、果汁が多く、ジューシーさが魅力です。

 

市場での評判もよく日本テレビ系列の人気番組「どっちの料理ショー」でいちご大福の特選素材に選ばれるなどの好評を得ています。平成12年2月に品種登録。

 

 

 

 新品種「古都華(ことか)」

奈良県農業総合センターで育成したイチゴ品種「古都華」について、平成21年7月16日に農林水産省へ品種登録出願を行い、同9月24日に出願公表となった。このことを受けて、平成22年産イチゴより、「古都華」の名称で出荷することとなりました。

「古都華」の特徴としては、糖度と酸度が高く、味が濃厚、果皮に光沢があり、大果で果皮は濃いルビー色です。

特産品一覧ページに戻る特産品一覧ページに戻る

この特産品についてのお問い合わせ

奈良県農業協同組合

住所
〒630-8131
奈良市大森町57-3
TEL
0742-27-41000742-27-4100
WEB
http://www.ja-naraken.or.jp/
この団体が管理する他の特産品

PAGE TOP